選ばれる理由:技術力

神谷機工のオーダーメイド刃物は、熱処理をはじめ超硬ロウ付け、腰入れ、歪み直し、研磨など、当社が長年培った高度な独自技術の結晶です。高精度加工技術と豊富な製造ノウハウにより、既製品では得られないシャープな切れ味と長寿命化、そしてさらなる生産性向上を実現しています。


進化する高精度加工技術

世界中から信頼される独自加工技術で、
高品質なオーダーメイド刃物を実現。

神谷機工が創業以来60年以上にわたって蓄積してきた豊富なノウハウと、熟練技術者による超硬ロウ付け、腰入れ、歪み直し、研磨などの希少な高精度加工技術は、国内はもとよりアメリカ・ヨーロッパなどの海外企業からも高い評価を獲得。さらに、最新鋭加工機の導入によって、これまでにない高品質なオーダーメイド刃物の製作を実現しています。


精密な刃先研磨・目立て技術により、シャープな切れ味を実現。

お客様が使用される刃物それぞれの形状・材質に合わせて、多種多様な砥石の中から最適な硬度・粒度のものを厳選して使用。専用の研磨機と熟練技術者によって精密な刃先研磨を行い、業界最高水準のシャープな切れ味を実現しています。
さらに、刃先へのPCDダイヤモンド電着加工や、大型で刃厚の薄い丸ナイフへの超硬ロウ付け加工、細目丸鋸の希少な目立てなど、神谷機工独自の高度な技術力を発揮、お客様のあらゆるご要望に対し技術的なアプローチでお応えすることが可能です。

独自の腰入れ・歪み直し技術により、側面振れ最小0.03mmが可能。

丸鋸は、500-10,000rpmの高速回転時でも刃振れを起こさず、真っ直ぐに切断できなくてはなりません。そのためには、技術者の長年の手わざの熟練によって初めて実施できる「腰入れ」と呼ばれる精密な鋸身調整技術が必須となります。
神谷機工では、熟練技術者による絶妙なハンマーリングにより、薄い円盤の側面振れを外径360mm以下で0.03mm以内、830mm以下で0.05mm以内という、機械加工では実現できない最小レベルに抑えることが可能です。

テクニカルサービス

熟練技術者のハンマーリングにより、鋸身の残留応力を絶妙に調整しています。

鋸身のミクロな歪みを見極め、残留応力という金属の性質をハンマーで調整する「腰入れ」は、世界的に限られた熟練技術者にしか実現できない希少技術であるため、海外企業からも多くの受注を獲得しています。

  • 材料から探す
  • 製品一覧から探す
  • 製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ:06-6702-3022


サイトマップアクセス個人情報保護方針採用情報お問い合わせ登録商標